法律のプロ・弁護士を知る TOP

このサイトについて

サンプルイメージ

今や結婚してから3組に1組は離婚があるというように、離婚率が上がっているそうです。

ひと頃の成田離婚はともかくとして、その比率を上げているのが、24才以下の年代層による離婚が多いのだそうです。
その要因としては、それが全てとはいえないまでも、いわゆる“できちゃった婚”による見切り発車的なものがあるようです。

この離婚率の増加とともに、離婚に対するトラブルが増え、訴訟にまで発展するケースも多いそうです。
訴訟を起こした側が弁護士を立て、親権や離婚の成立を争うようなってきました。
この離婚訴訟も、その離婚率の増加とともに年々増えつつあるそうです。

この他、消費者ローン債務者の過払い問題などが浮上し、債務者が完済した借金から法定外の利息を支払った場合などは、その過払い金返済の交渉に弁護士が活躍するケースも増えています。

さらに最近では、化粧品やボディケア製品を使用したことによる肌への被害に対する訴訟なども起こっており、ここでも弁護士グループなどが、その救済センターなどを設立し、被害者の救済に活動を行っています。

このように、私たちを取り巻く社会環境の変化とともに、複雑な人間関係や、人間性を軽視する動きなどが発生するようになりました。このような背景のもと、色んなトラブルや、悩みを抱えている人たちが増えてきたことがいえると思います。

ブログ

おすすめ最新情報

公共工事を行なう為の審査なら、経営事項審査 代行を利用すると手間が省けてオススメです。
建設業者の経営規模が認定される経営事項審査です。
建設業関連業務を幅広く扱ってる建設業許可申請を代行している行政書士事務所。
建設業許可 申請代行は、建設業の営業を行おうとする場合に発生する面倒な手続きの必要が軽減できるのでオススメです。
ポイント・マイル付加サービスなどの顧客ニーズに伴うショッピングクレジットです。
Copyright(C) 法律のプロ・弁護士を知る All Rights Reserved.