民事事件の相談内容②

民事事件の相談内容②

○相続問題
この問題も以前からよく耳にする問題です。

よく、「遺産は貧乏人には関係ないよっ」と、よく言われる言葉ですが、亡くなった方に遺産が全くなければ、問題は発生しないのです。
しかしながら、預金などの現金ばかりではなく、土地などの不動産があった場合などは、その相続方法について遺族の間でトラブルが発生したりします。

遺言書があれば、その内容にもよりますが、ハッキリと明確にされていれば、法的にも問題なく遺産の相続分割がスムーズに行われ、揉めることもありません。

その反面、物理的な問題(今まで亡くなった親の面倒を見てきた自分には配慮がない)や、感情的な問題(親とは長年に亘って顔も出さず、疎遠にしてきたのに、こういうときには権利を主張してくる)など、遺産を目当てにした主張が混じり合い、思い通りにいかないのが遺産相続です。

このような場合には、弁護士に相談したりして、その解決に努めたりします。
また、遺言書の書き方(遺言書作成)についての相談も、弁護士に多くあるようです。

○過払い金返金請求問題
数年前からニュースなどでこの過払い金問題は大きく取り上げられるようになりました。
過払い金とは、消費者金融などでお金を借りた方が、払いすぎた利息のことです。

貸金業者から利息制限法の利率を越える利息でお金を借り、既に完済したか、一定期間支払いを続けている方などは、その差額を請求する権利が発生します。
本来であれば支払う義務のないお金になるわけですから、当然の権利ですよね。

大手消費者金融は、この過払い金返金のために、資金繰りが悪化し、倒産に追い込まれたところもあります。
このような倒産になる前に、過払い金の請求を弁護士などに相談し、払いすぎてしまった利息を取り戻すことが重要となります。

    管理人のお薦め情報

  • 任意整理・民事再生などの企業法務関係での弁護士を仙台で探すなら、迅速・適切な経営戦略と企業利益を最大限考慮した対応をしてくれるのでオススメです。

Copyright(C) 法律のプロ・弁護士を知る All Rights Reserved.