弁護士の果たす役割

弁護士の果たす役割

司法試験を合格し、研修生としての経験を積んだ後、弁護士としてのスタートが始まります。
弁護士は、法律のプロとして、相談者からの依頼に対し、その義務を果たす役割を担っています。

弁護士は、その第一義として社会正義を実現することにその使命があります。

私たちの住んでいる日本は、法治国家としてその秩序が保たれています。
しかしながら、その秩序を乱したり、意としない妨害が起こったりします。

これを解決するために、法律的には詳しくない一般の人々は、どうすればよいのか途方に暮れることもあるでしょう。
自分の誤った判断や知識で処理しようとすれば、逆に自分にとって不利となる場合もあります。

そのようにトラブルや悩みを抱えている困っている人々を、その人に代わり権利や主張を守ってくれるのが弁護士の存在と役割になるのです。

弁護士は、社会正義を遵守していくという立場から、その性格上、相談を受けたり、依頼を受けたりすることが一部制限される場合があります。
以上のようなこと以外は、相談、依頼が可能なので、多少費用はかかるケースもありますが、早めにトラブルや悩みを解決できる方法として法律の専門家にアドバイスやサポートを受けることはとても費用対効果が大きく、その価値があると思われます。

見た目より気軽に相談に乗っていただけるので、無料相談会などを利用され、悩みやトラブルを解決してくれる弁護士のサポートを上手く活用していきましょう。

    Copyright(C) 法律のプロ・弁護士を知る All Rights Reserved.