弁護士にかかる費用とは

弁護士にかかる費用とは

やはり、弁護士に相談・依頼をするときに一番心配されるのが、その費用だと思います。
一体いくらかかるのか。
弁護士からくる請求はかなり高いのではないか? など、心配ですよね。

ここではその弁護士費用の種類について説明します。

【弁護士費用の種類】
○相談料
トラブルや悩みを抱えている方が弁護士に相談するケースですが、弁護士事務所などにより、法律相談会を実施している場合があります。
その際はそのほとんどが無料で実施しています。
それ以外は、一部を除き、有料となっており、その費用は時間制となっています。
(30分○○○○円など) その金額は、弁護士事務所により異なっています。

○着手金
着手金とは、弁護士が相談者から事案の相談を受け、その後の依頼を受けた際に発生する費用です。
この着手金は、事案の処理によって成果がなくとも返金はありませんので、理解する必要があります。

○報酬金
報酬金とは、事案が終了した際に、その成果に応じていただく費用です。
弁護士費用の中では、この報奨金が一番高額となる場合がほとんどです。

○実費
その事案の処理に要した実費になります。
依頼を受けた事案の処理を行う上で必要となる書類作成の際、切手代や印紙代、公的証書など作成や申請費用などがこれに当たります。

○旅費、日当
相談者が被告人の場合、弁護士が訴訟のあった管轄の裁判所へ出向く場合の旅費・交通費・日当などになります。
その場所が、遠方にある場合などは、その費用もかかることになります。

    Copyright(C) 法律のプロ・弁護士を知る All Rights Reserved.