法律相談から事案終了までの流れ

法律相談から事案終了までの流れ

一般的な事案の相談から終了までの流れを紹介します。

①法律相談
(1)相談の予約
法律相談を依頼する場合、事前の予約が必要となります。
弁護士が、裁判所へ出向いたり、事案の処理のため、出張などをしている場合があるからです。
まずは気軽に問い合わせをしましょう。

(2)相談日の確定
問い合わせ方法は、インターネットからメールなどの問い合わせ以外は、電話が主となっています。
相談者と弁護士のスケジュールを調整し、相談の日程と時間が確定します。

(3)法律相談
一般的には、30分単位や45分単位での法律相談となります。
その時間の範囲内で、弁護士が内容を聞き、法的なアドバイスなどをしてくれます。
限られた時間ですので、相談内容などは、予めいつ、どこで、誰が、何のために、どのようにして、どの位の期間で、などまとめておくと良いでしょう。

②依頼
弁護士への依頼を希望する場合は、依頼の内容に応じた費用の説明を聞きます。

③委任契約書の締結
説明後、その費用を理解、承諾した場合は、委任契約書を作成・締結します。
締結後、正式に事案の依頼を受けることになります。

④着手金の支払い
費用の説明にあった契約内容に従った着手金を支払います。

⑤依頼の事案を着手
依頼された事案を弁護士は、その解決に向け、進めることになります。

⑥事案の進行
依頼を受けた訴訟、調停、交渉などを代理人として事案終了に向け、進めていきます。

    Copyright(C) 法律のプロ・弁護士を知る All Rights Reserved.