弁護士の仕事とは

弁護士の仕事とは

弁護士は、法律のプロとして、社会正義を目指すため、基本的人権を守っていく仕事です。
それでは弁護士の仕事とはどのようなものがあるのでしょう。

TVドラマの裁判シーンなどでよく観る弁護士の姿はカッコイイものがあります。
しかしながら、実際の弁護士は法廷に立つこともありますが、相手側との話し合いで終わる場合もあり、その仕事の内容は、裏付け調査や、書類の作成など、地道な活動がほとんどです。

その中で大きく分けて刑事事件と民事事件があります。
○刑事事件
刑事事件は、傷害事件など、犯罪の容疑をかけられ、刑事訴訟を受けた被告人が、弁護士を雇い、被告人の弁護人として検察側と争います。
また、経済的な理由などで、弁護人を雇う費用がない被告人の場合は、国選弁護人制度により、公正な裁判を受ける権利を保証し、基本的人権を守っています。

○民事事件
土地の権利を争う問題や、消費者などが、被害を被ったとして企業を相手取り、訴訟したり、様々な問題を法的に解決したい場合に弁護人を雇い裁判を争います。

民事の場合、具体的には相談者が弁護士への相談から始まります。
弁護士は相談を受け、アドバイスをします。
その上で、相談者が法律的な解決を望み、依頼をされてきた場合、依頼を受け、相手側との話し合いや、調査などをして、その解決に努めます。

このような方法で解決されない場合は、民事裁判で解決を図ることになります。
また、最初から裁判をするのに適当だと考えられる場合や、相手側から訴えられ、それに応じる場合なども同様です。

    管理人のお薦め情報

  • トラック運送や介護タクシー、観光バス、個人タクシーを始める為に運送業の許可代行サービスを考えているなら、運送事業のエキスパートが利用者の希望に応えながら面倒な申請をサポートしてくれて、安心の料金設定で対応してくれるのでオススメです。

Copyright(C) 法律のプロ・弁護士を知る All Rights Reserved.